中身が気になる?“指原流”の危機管理術 恋愛バレで痛い目にあっただけに…

2017年9月26日


「さすが指原、どこを使ってもオンエアできる。本当にありがたい」取材記者やテレビ番組のディレクターが口々にたたえる会見が今週、都内であった。6日にメジャーデビューした12人組女性アイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」の囲み取材で現場をまとめ上げたのがHKT48の指原莉乃(24)だった。「声優を目指すグループということで、1年半前くらいからオーディションなどの準備をして、やっとメジャーデビューにこぎつけました。

そのプロデューサーが指原なんです」と音楽サイトライターが解説する。

プロデューサーとしてシングルの作詞を担当。

 

AKB48総合プロデューサーの秋元康氏同様、印税を稼ぐことになるが、「秋元さんから、そんな簡単じゃないよって言われていて」と謙そんしつつも「そう(うまく)いったらうれしい」と素直に明かした。

さらには「私の力だけでは秋元さんを超えられないので、みんなの力で秋元さんをつぶすつもりでやってほしい」とメンバーを鼓舞。

「私の趣味が痩せている子なので、そういう子を集めた。

秋元さんは(男性なので)女の子の体重管理を厳しく言えませんが私は言います」と違いもみせた。

すでにイベントでファンとは対面済みだが「お金がなくて収録曲の違うシングルのどちらかしか買えないとしたら」との質問に「バイトして、もう1枚買って!」と即答。

まさに当意即妙という感じだったという。

現役として、アイドルとしての心構え、危機管理についてはシリアスそのもの。

マスコミの取材対策は「変な質問をしてくるおじさんがいても、笑顔で対応すること」とほほ笑みの重要性を説いた指原。

あくまでも自由恋愛の姿勢を取るとしながらもこう釘を刺した。

「恋愛報道が出るとアイドルとして厳しい立場になるので、それに耐えられるのならどうぞ、って感じでしたね。

もっと熱く語ったのは、LINEのやり取りが流出したり、写真が流出したりする昨今のSNS事情について。

流出の怖い点など尋常じゃないぐらいSNSで送ったそうですよ」(情報番組ディレクター)

自分も一度、“恋愛バレ”で痛い目にあっただけに、“指原流”危機管理の口調は熱い。その内容を見てみたいものだ。

引用https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000007-ykf-ent

 

名無しさん
トンネルを抜けるとそこは雪国だった
意味はない
名無しさん
勿論、ファンは恋愛して欲しくない人が大半だろうけど、恋愛、結婚するなって縛ったら縛ったでマタハラや人権と言う大半は女性の方だろうけどそういう考え方の人が出てくるから、自己責任が一番。
やっぱり、どうしても、恋愛してバレればアイドルだし一定のファンは失うリスクは出てくるから人気やファンを失う覚悟でアイドルを続けるという自己責任というペナルティーが一番だと思う。
やっぱり、会社側も仕事内容は口出し出来てもプライベートは尊重しなければならない国の規則だから、秋元ではないけど、恋愛禁止は作っても人気があれば上がペナルティーを下せないのはもう今までで分かったと思う。
カシュナッーツ
さっしー最近自分が綺麗になってきてるのに気付いてる
でも恋愛の話を振られると一度も経験がないから
急に恥ずかしがってモジモジしてしまう
そこがすごく好感もてるな
名無しさん
色々と注意深くやっていても、粘着アンチは言葉尻を捉えてdisってくるし、キモヲタは面倒臭いし、アイドル評論家は勝手な事を書くし、サイゾーは平気で嘘を書くし、アイドルはメンタルを鍛えないとトップにはなれないね。
名無しさん
クビになった訳でもないのになんか痛い目にあったっけ?
そもそもアイドルやってて恋愛なんてしてたらファンへの裏切り行為だろ。
名無しさん
アイドルの顔の時は恋愛してほしくないよね。
ただ、プライベートは好きにしていいんじゃない?
恋愛をペラペラしゃべるアイドルは最低だと思う。
名無しさん
2万枚無理だ、だけどCDにはexectiveproducerの名前が書かれてるから実質指原は作詞だけだが、コンセプトが普通すぎるし元アイドルの寄せ集めでは初物好きのヲタには論外

 

スポンサーリンク

2017年9月26日

Posted by ちりめん太郎