【ローチケ演劇部】『イコラブ舞台 ガールフレンド(仮)』読み応えある稽古場レポート到着!

2019年2月9日

304: 47の素敵な(catv?) (ワッチョイ bf4a-UVFs) 2018/07/10(火) 09:43:21.86

ローチケ演劇部@l_tike_stage
\稽古場レポート到着!/

指原莉乃(HKT48)がプロデュースするアイドルグループ、=LOVE出演の注目舞台、あにてれ×=LOVEステージプロジェクト『#ガールフレンド(仮)』

ローチケ演劇宣言が、本番直前の稽古場に密着!

現役アイドル・指原莉乃(HKT48)が、代々木アニメーション学院とタッグを組んでプロデュースするアイドルグループ、=LOVE。昨年9月にメジャーデビューを果たし、活躍の幅を広げている彼女らが、7月に舞台『ガールフレンド(仮)』を上演する。その通し稽古が行われると聞き、都内某所の稽古場に駆け付けた。

 

本作は、あにてれ×=LOVEステージプロジェクトと銘打ったステージプロジェクトで、今年2月には第1弾として『けものフレンズ』を上演。第2弾となる今回は、スマートフォン向けのゲームアプリで、漫画化やアニメ化などさまざまなメディアミックスが展開されている『ガールフレンド(仮)』の世界を、イコラブ12人のフルメンバーで舞台上に創り上げる。

稽古場に到着した際は、場面稽古が行われていた。セリフのニュアンスや小物の扱い、移動のタイミングなどを細かくチェックし、通し稽古に備える。通し稽古の前にスタッフは一旦休憩に入ったが、メンバーは劇中曲の振り付け確認に余念がない。リーダーの山本杏奈がカウントを取りながら振り確認をし、声をかけあいながら互いの場位置や移動ルートをチェックしていく。しっかり振りを覚えている山本に「杏奈先生!」と教えてもらうメンバーもおり、メンバー同士で協力しながら舞台を作り上げていることがうかがえる。ギリギリまで振り確認は行われ、わずかな休憩を取った後、通し稽古に入った。

 

オープニングからキャストが勢ぞろいして、華やかな歌声を響かせる。一ノ瀬友恵(佐々木舞香)は舞台のオリジナルキャラクターだが、それ以外の人物にもそれぞれに見せ場があり、各々の個性を冒頭から印象付ける。この時点でも十分、それぞれの役のキャラクターを感じさせてくれるが、衣装を身につければ、もっと個性を感じられるだろう。

⇒続きはこちら

 

305: 47の素敵な(空) (アークセーT Sx3b-aA70) 2018/07/10(火) 09:48:28.97
>>304
おお、読み応えある

 

307: 47の素敵な(茸) (スフッ Sd7f-Ewxx) 2018/07/10(火) 09:54:14.60
>>304
楽しみ(о´∀`о)

 

327: 47の素敵な(庭) (アウアウカー Sa1b-6pHc) 2018/07/10(火) 13:10:32.87
>>304
劇中も歌うんだ
なに歌うんだろ
ガルフレの曲かな?

 

スポンサーリンク

2019年2月9日

Posted by ちりめん太郎